プラチナカードの年会費は通常のカードに比べると高く、発行会社によって様々です

クレジットカードの中でもゴールドカードの上の地位に位置づけられているプラチナカードは、通常のカードに比べるとサービスが充実しており、ステータスの高い会員が限定で所有できるカードです。

発行しているクレジット会社によっては、インビテーションが送られてきた人のみが申し込みが可能になる場合や、対象の条件を満たしている人が申し込む事ができます。
しかし審査は厳しくハードルが上がるので、確認をしてから申し込みをした方がよいでしょう。

また、プラチナカードには年会費が無料といったものはなく、必ず設定されています。
金額は発行会社によって様々ですが、三菱UFJニコスが発行しているMUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスカードは年会費が2万円(税別)と設定されており、比較的手頃で人気があります。

ポイントに有効期限がなく、国内のリゾートホテルやレストランなど宿泊や旅行に関する優待プランを利用でき、コンシェルジュサービスも丁寧と好評です。
取得方法は新規申し込みとなり、条件を満たしている場合に限ります。

高額年会費のカードではアメリカンエキスプレスとダイナースプレミアムカードが13万円(税別)と設定されており、家族会員は無料になりますが、取得方法はもともと会員になっていることが前提で、インビテーションが送られた人のみが取得可能です。

取得すると24時間365日様々な要望や依頼にこたえてくれるコンシェルジュサービスはもちろん、国内外での旅行ではグレードアップなど質の高いパフォーマンスを提供してもらえます。年会費が高額な分、充分なサービスが受けられますので、年会費分は元が取れると言われるほどの特典が満載のプラチナカードを取得してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プラチナカード

このページの先頭へ