楽天カードに付帯される海外保険

楽天カードは、年会費や発行手数料が無料で作ることのできるスタンダードカードから、年会費10,500円で作ることのできるプレミアムカードまであります。

カード利用でポイントが貯まるだけでなく、専用サイトのインターネットショッピングでもポイントが貯まり、貯まったポイントをショッピングに使えることから、1枚は持っているという方が多いです。

そんな楽天カードの魅力のひとつに、スタンダードのものでも海外旅行の際に海外保険を付帯することが出来ることが挙げられます。
スタンダードカードの海外旅行保険は、日本を出国する前の空港までの交通費や募集型企画旅行の代金をカードで支払うことが条件で付帯されるものです。

傷害、死亡後遺障害では最高2000万円、傷害治療費として最高で200万円、疾病治療費として最高200万円、賠償責任として最高2000万円、携行品損害として最高20万円(免責が3000円)、救援者費用として最高200万円となっており、手厚い補償が受けられるようになっています。

また、プレミアムカードでは、旅行代金を支払うことなく保険が自動付帯されるようになっています。

傷害死亡保険金として5000万円、傷害後遺障害保険金として最高5000万円、傷害治療保険金として最高200万円、疾病治療保険金として最高200万円、賠償責任保険金として最高2000万円、携行品損害保険金として最高20万円(面責3000円)年間で最高100万円、救援者費用保険金として最高200万円と、こちらも手厚い補償内容です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:楽天カード

このページの先頭へ