過払い金が発生しているか調べるにはセゾンカードの場合セゾンカウンターで取引履歴データを請求する事ができます

キャッシングというサービスを利用した事はありますか。
突発的な事態で現金が必要になり、持ち合わせが少ない等の緊急事態にとても助かる機能です。

キャッシングをしたら当然返済をしなければなりませんが、そこには金利が付いてきますので借りた実際の金額よりも返済額は少々上回ります。
そして、キャッシングをした時期によっては高い金利で借りている人もいますので、現在の法定利息との差額が発生しているかも知れません。

その場合は過払い金となりますので、その金額が戻ってくる可能性があります。
弁護士等の専門家に依頼するという方法がまず頭に浮かびますが、自分で請求する事も十分可能です。
セゾンカードの場合を例に挙げてみましょう。

まず、最初に必ず必要となるものが過去の取引履歴データですが、セゾンカウンターで問い合わせる事ができます。
本人確認が行われ、必要な取引履歴の期間や開示目的等の質問を回答し、受理されれば10日程で郵送されます。

これを元に引き直し計算をしていきますが、素人では計算方法は手に負えませんので、過払い金計算ソフトを利用すると良いでしょう。
データを入力していけば自動的に計算されますので、その計算書と過払い金返済請求書をセゾンカードに送れば完了です。

引き直し計算はセゾンカード側でも行いますので、万一提出した計算に誤りがあっても正しい計算で返送されてくるでしょう。
この様に、過払い金が発生しているかも知れないと思ったら自分で調べて請求する方法があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:セゾンカード

このページの先頭へ