SBIカードには、「SBIレギュラーカード」「SBIゴールドカード」「SBIプラチナカード」などがあり、カードによって年会費や補償額が異なります

SBIカードはSBIカード株式会社が発行するクレジットカードで、国際ブランドはMasterCardのみとなっています。カードの種類は「SBIレギュラーカード」「SBIゴールドカード」「SBIプラチナカード」の3種類で、その他に、ETCカードや航空会社スターフライヤーとの提携カード「スターフライヤーカード」などがあります。

「SBIレギュラーカード」は年会費が永年無料のカードで、カード入会資格も「高校生を除く18歳以上の方で収入のある方」と申し込みやすいのが特徴です。
カードの色はブラック・ホワイト・ピンク・グリーン・ブルーの5色から自分の好きな色を選べます。

そのうち、ピンク・グリーン・ブルーのカードは、カードデザインのサークル部分に本真珠が使われています。「SBIゴールドカード」は、年会費が税込5,250円、ゴールドのカードにブラックのサークルが描かれたデザインで、ゴールド部分には純金が使われ、名前だけではない豪華さをアピールできます。

「SBIプラチナカード」は年会費が税込31,500円で、シルバーのカードにブラックのサークルが描かれたデザインで、シルバー部分には純プラチナが使用されています。

3種類とも、国内・海外旅行傷害保険と紛失・盗難保険を付帯しており、国内・海外旅行傷害保険の補償額は、レギュラーが最高2,000万円、ゴールドが最高5,000万円、プラチナが最高1億円です。また、ゴールドとプラチナにはショッピングガード保険も付いていて、ゴールドは年間最高30万円、プラチナは年間最高50万円まで補償となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:SBIカード

このページの先頭へ