昭和シェルなどで使用可能なポンタカード

ポンタカードは国内の財閥系である大手企業の子会社が2010年に開始したポイントカードのシステムです。
サービスのスタート当初は、主に大手3社が利用可能店として始まっています。

その企業としては大手コンビニエンスストア、CDやDVDなどのレンタル業を主業としている企業、そしてガソリンスタンドである昭和シェルなどが挙げられます。
現在ではポンタカードの会員数が4000万人を超えており、利用可能とされる企業数も格段に増えており、便利にお得に使用することができます。

カードを作る際には身分証明が必要となり、申込書に必要事項を記入して、後に発行されます。
発行を依頼するお店によってカードのデザインが異なるために、現在では10種類以上のデザインのものが存在しています。

基本的な使用方法としては、提携店で買い物をする際に提示し、買い物の金額によってポイントが貯まるシステムです。
付与されるポイント数はお店によって基準が異なり、例えば105円で1ポイントとする店舗と、210円ごとに1ポイントとしている場合があります。

昭和シェルでのガソリンなどの給油時に使用する場合では、ガソリン1リットルにつき1ポイントの付与としているので、端数が出ないように、給油時には金額指定ではなく、数量指定で給油した方がお得に利用することができます。

貯まったポイントは提携店の中でも使える店舗と使えない店舗に分かれているので、事前に調べておくことが必要となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:シェルカード

このページの先頭へ