メンテナンスの際はシェルのオイルを選んでみましょう

自動車は小まめなメンテナンスが必要で、人間に例えるならばエンジンは心臓に当たり、そしてオイルは血液で、エンジンの働きを良くしたり、悪くしたりすると言われています。

中古になると燃費自体も悪くなりますので、定期的にエンジンの潤滑油を交換する必要があり、汚れたまま乗っていると、燃費の悪化だけでなく出力の低下を招き、オーバーヒートやエンジンノイズの発生原因となります。

通常は5000キロメートルを走行したら交換、もしくは6ヶ月を目安に交換が良いとされています。エンジンの潤滑油には様々なタイプのものがあり、シェルの低粘度オイルは粘りが少なくサラサラとしていて空気抵抗が少ないので、更に燃費が向上する仕組みになっています。

京都議定書に代表されるように、環境規制をどうするかが近年では最優先課題と言え、今や自動車は単なる走行性能だけでなく、よりハイレベルな省燃費性能が求められているのです。

自動車メーカー各社はこぞって省燃費技術を取り入れており、特にエンジンにおいてはどのメーカーも力の入る部分で、せっかく部品の材質や形状を改善してエンジンの軽量化や摩擦低減に成功しても、低粘度の潤滑油を使わなければエンジンの動きがスムーズでなくなります。

その結果、燃費は悪くなっていくことに繋がってしまいます。
このように、燃費最優先という考え方が浸透している昨今では、高性能のエンジンと良質のオイルはファンダメンタルな関係と言えそうです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:シェルカード

このページの先頭へ