Suicaの機能とクレジット機能を併せ持つViewカードは、多くの種類がラインアップされています

電車の乗り降りにSuicaを使えば、改札機を通過する際にパスケースから取り出す必要が無く、パスケースに入れたまま読み取り部にタッチすれば通過でき、この一瞬のタッチの間に自動的に精算されて乗車料金が徴収されます。

そして、前もってチャージしておけば、乗り降りしたり途中で下車しても、改札機にタッチした際に自動で精算が行われる為、窓口で精算する必要はないので、特に乗り越した場合に大変重宝します。

尚、当初はJR東日本だけでしか使えませんでしたが、現在ではKitaca・PASMO・TOICA・manaca・ICOCAなどと連携し、国内の広範囲の鉄道やバスで利用が可能となり、益々利便性が高まっています。

更に、クレジット機能を併せ持つ便利なカードも発行されており、通称Viewカードと呼ばれ、「ビュー・スイカ」カード、「ビュー・スイカ」リボカード・大人の休日クラブジパングカードなどがラインアップされています。

また、「Viewカード」は当初クレジット機能のみのカードとしてスタートしましたが、現在ではSuicaとクレジット機能を併せ持つJR東日本の主力のクレジットカードとなっています。

毎日通勤電車を利用している方なら定期券機能付きのビュー・スイカカードを使えば、クレジット機能と定期券が一体となり財布の中がスッキリ整理出来ます。
この様にSuicaの機能を併せ持つViewカードは多くの種類がラインアップされている為、自分の生活にマッチしたカードを選んで便利に使いましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:Suicaカード

このページの先頭へ