Suicaはあらかじめ入金(チャージ)すると乗り越しや途中下車でも手間が掛かりません

Suicaは鉄道、バス、買い物で幅広く利用出来るJR東日本のICカードです。
鉄道やバスを利用する機会が多いのであれば、毎日の必需品となります。
自動改札機を通る時はパスケースに入れたまま読み取り部にタッチするだけで自動的に精算し、止まる事なくスムーズに通れます。

あらかじめ入金(チャージ)して使うものなので、乗り越したり途中で下車したりしても、窓口で精算する必要がありません。

また、JR東日本管内だけでなく、交通系ICカード全国相互利用マークがある全国エリアでも使用可能で、例えばJR北海道のKitaka、全国の鉄道やバスで使えるPASMO、JR東海のTOIKA、名古屋の鉄道やバスで使うmanaca、JR西日本のICOCA、大阪で使うPiTaPa、JR九州のSUGOCA、福岡県で使うnimoca・はやかけんがあります。

尚、買い物でも相互利用マークがある店で、電子マネーとして使用可能です。
定期券、記名式、普通のSuicaの3種類があり、定期券・記名式には子供用もあり、記名式や定期券は万が一なくしても、利用停止の手続きや入金残高、定期券部分を保証して再発行してくれるので安心です。

更に、携帯に便利なものがモバイルタイプで、携帯情報端末と合わせて使えます。
チャージはクレジットカードを登録していればいつでもどこでも入金出来て安心な上、スマートフォンでも利用出来、ウィジット(アプリ)による残高確認や簡単操作の入金など新しい機能が満載です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:Suicaカード

このページの先頭へ