Suicaポイントを電子マネーに交換するには3通りの方法があり、チャージの方法が異なります

JR東日本が発行している乗車カードのSuicaには独自のポイントプログラムがあります。それはSuicaポイントクラブで、使い方は簡単で、まず駅のキオスクやJR東日本が運営するコンビニであるNEWDAYSで買い物をすればポイントが自動的に貯まり、電子マネーに交換して使う事が出来ます。

このプログラムを使うには自分の既に持っているカードを登録しますが、登録方法は種類によって異なるので公式ホームページで確認しましょう。

ホームページには、種類として記名式、定期券、学生証・社員証、ゆうちょICキャッシュカード、モバイル版、ビューカード、クレジットカードの登録方法が掲載されており、複数の場合は1つにまとめて登録する事も可能です。

登録したカードで買い物して貯めたポイントは電子マネーに交換出来、交換するには自動券売機・モバイル・インターネットサービスから方法が選べますが、それぞれチャージの方法が異なります。

チャージ申込みは、インターネットで会員ページにログインし、指定した方法で受け取り手続きをしておく必要があります。
そして自動券売機の場合は、申請日の翌日以降から7日以内に駅の自動券売機で入金操作を行い、期限内に受け取れなかった場合は登録口座に戻ります。

なお、受け取れなかった場合で7日以内に有効期限を迎えるものは失効するので注意しましょう。また、モバイル版やインターネットサービスでは、交換申込み後90日以内に受け取り操作を行い、インターネットサービスはパソコンからの操作を行う事となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:Suicaカード

このページの先頭へ