Suicaのチャージ方法には、自動券売機、多機能券売機、のりこし精算機などを使った方法があります

SuicaはJR東日本が発行する乗車カードで、買い物で使える電子マネー機能も備えています。
購入方法は記名式や無記名式は、JR東日本の駅の多機能券売機やみどりの窓口で購入する事が出来、定期券はそれ以外にモバイルやパソコンでも申し込めます。

使う前の準備として、まずはチャージをしなければなりません。
チャージ方法には、Suicaマークのある自動券売機、多機能券売機、のりこし精算機を使ったものがあります。

1回の操作で入金出来る金額の単位は、500円、1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円の6つで、ビューカードを持っている人なら、多機能券売機またはATMビューアルッテでクレジットカード決済でもチャージ可能です。
他にポイントと交換して入金する方法もあり、ビュースイカカードで貯めたビューサンクスポイントを交換する事も出来ます。

また、Suicaポイントクラブに会員登録してあれば、ショッピングで貯めたポイントを電子マネーに交換してチャージする事も可能です。
更に便利な方法として挙げられるのはオートチャージで、自動改札機にタッチして入場するだけで入金出来る便利な方法で、これを使うだけでポイントも貯まります。

利用エリアは首都圏・仙台・新潟はもちろん、首都圏の私鉄や地下鉄のPASMOエリアでも使えます。
チャージの金額設定は1,000円単位で出来るので安心ですし、申込みや変更は駅のATMビューアルッテで簡単に操作出来るので手間が掛かりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:Suicaカード

このページの先頭へ