Suicaの発行方法には、みどりの窓口が設定されているJR東日本の駅の利用やウェブサイトの利用があります

通勤や通学に電車やバスを利用している方なら、JR東日本が発行するSuica(スイカ)カードを使っている人も多いと思われますが、これまで自動券売機で切符を買っていたのをスイカの利用に切り替えた時は、その便利さに驚いた事でしょう。

パスケースから取り出さずに自動改札機を通過可能な上、乗り越し精算も自動改札機にタッチするだけで済み窓口を利用する必要がありません。
こうした電車やバスの乗り降りに便利なスイカは、コンビニエンストアやショッピングセンター、レストランなどで使える電子マネーとしても重宝します。

では、この様に電車の乗り降りやショッピングで便利に使えるスイカカードの発行方法を見てみましょう。

まず、スイカカードはスイカエリア内にあるJR東日本の駅の他種類のチケットを購入できる券売機やみどりの窓口で発行されており、スイカ定期券はスイカ圏内にあるJR東日本の駅の指定席券売機や、様々なチケットを購入出来る自動券売機、みどりの窓口で購入可能です。

また、JR東日本と他の鉄道会社線に跨って使えるスイカ連絡定期券はJR東日本の駅の指定席券売機、多機能券売機、みどりの窓口で購入出来ます。
尚、定期券の発行方法にはインターネットを利用する方法も用意されており、これは「ネットde定期」と呼ばれるサービスです。

このサービスは、パソコンやスマホ、携帯電話から簡単に申し込め、JR東日本の駅の指定席券売機、あるいはJR東日本の駅のみどりの窓口で定期券を受け取れます。このように、スイカカードはみどりの窓口が設定されているJR東日本の駅やウェブサイトからも手軽に入手出来るカードで好評です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:Suicaカード

このページの先頭へ