Suicaカードがあれば、券売機前に並ぶ長蛇の列には無縁で、改札を通るのも楽々スムーズです

電車に乗るために券売機の列に並んだ際、最前列の切符を購入している人が路線図を見上げながら幾らの切符を買えばよいか迷っていたり、小銭を取りこぼすなど切符発行まで時間が掛かっていたりすると、たとえ自分が急いではいなくてもついイライラしてしまうでしょう。

JR東日本が発行するSuicaカードが一枚あれば、もうそんなイライラとはサヨナラ出来ます。
デポジットとして500円さえ用意するだけで、みどりの窓口や多機能券売機のある場所で簡単に購入出来る便利なカードです。

Suicaの目印マークがある自動券売機や多機能券売機から500円・千円・2千円・3千円・5千円・1万円の単位で、上限2万円までチャージが可能で、カード発行時に支払ったデポジットはチャージに含まれ、カードを返還する際に戻ってきます。

チャージされているSuicaがあれば乗車ごとに切符を買う手間が省ける上に、改札口で読み取り部にかざすだけで通れるのでスムーズです。

また、電車だけでなくSuicaマークのある店では買い物にも使えますので、簡単スマート支払いも可能となります。SuicaにはSuicaカードの他にMy Suicaというものがあり、これは購入する際に名前や生年月日、性別等の個人情報を登録しますので、万が一の紛失の際にも簡単に再発行や払い戻しが行えるメリットがあります。

Suicaカードを持っていてMy Suicaに変更したいという方は、残額が受け継がれたまま多機能券売機またはみどりの窓口で簡単に変更が出来ます。
便利なSuicaは、電車を使う方には必須アイテムだと言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:Suicaカード

このページの先頭へ