Tカードをレンタルサービスの店舗内で発行していればレンタル機能がついています

大手レンタルサービスが展開しているTポイントですが、しかしこのTポイントを利用できるTカードを所有していても、レンタルサービスを利用できない場合があります。
要するにレンタル機能が付いていないカードを使っている場合があるのです。

普通にレンタルサービスの店舗内で、カードの発行をしていれば、大抵の場合レンタルを利用するための機能は追加されているのですが、しかし提携サービスの多いTポイントの場合は、他のサービスの利用中に、カードを発行しているケースがあります。

そうして他のサービスの利用中に発行してもらったTポイントのカードは、いざ本家のレンタルサービスを利用しようとした時に、レンタル機能が使えないということにもなってしまいます。

ですからTカードを所有していたとしても、それでレンタルが使えるとは限りません。
もしも後から手持ちのカードで、レンタルサービスを利用したいと思った場合は、どうやってレンタルの機能を追加すべきかを知っておくべきです。

実際にレンタルの機能を、まだ機能が付加されていないカードに追加するためには、まずはレンタルサービスの店舗に出向く必要があり、そしてそこでレンタルのために必要な情報を登録します。

実際にTカードにレンタル機能を追加するためには、登録時に本人確認が出来るものを持参している必要があります。
学生証や運転免許証などの、本人確認が出来るものが必須ですので、注意しておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:Tカード

このページの先頭へ