Tカードには海外旅行保険が付帯されており海外で購入した品物の破損や盗難補償、入院や治療費の補償などが受けられます

Tマークが入ったポイントカードは、全国のTポイント提携先でポイントを貯めたり使ったりでき、ファミリーマートやENEOS、TSUTAYAなどで発行しており、クレジット機能が付いたTカードには海外旅行保険が付いています。

ファミリーマートが発行しているクレジット機能が付いたファミマTカードや、TSUTAYAが発行しているTカードプラスおよびWカードには「JCB海外お買い物保険」が付帯されています。海外にあるJCB加盟店でそれらのカードを利用して購入した品物が、偶然の事故で破損や盗難の被害にあってしまった場合に補償するサービスです。

購入した日から90日間、年間50万円までを限度として補償されますが、1回の事故につき1万円の自己負担があります。補償金額は、カード利用金額か領収書の金額から自己負担額を控除した金額が限度です。また、Tカードプラスのクレジットカード会社がオリエントコーポレーションの場合、海外旅行傷害保険が付帯されます。

これは、海外旅行中のケガや病気による入院・治療費用、携行品の盗難被害などを補償する保険で、保険金額は、死亡・後遺障害と賠償責任が各2,000万円、傷害治療・疾病治療・救援者費用がそれぞれ200万円、携行品損害が20万円となり、携行品の免責が1事故3,000円となっています。

責任期間は、オリコで会員登録をした日の翌日以降に出発した海外旅行から適用され、1旅行につき最長90日となります。
事故が発生した日から30日以内に損保ジャパン日本興亜株式会社の海外ホットラインに連絡し、保険金の請求手続きを開始する必要があるので注意しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:Tカード

このページの先頭へ