UCカードは3つに分かれており、サービスが異なります

UCカードは、「一般カード」と「ゴールドカード」、半透明の「UCトランスルーセントMasterCard」に分かれています。
一般カードはポイントが永久不滅、有効期限がありません。

ショッピング1000円ごとに1ポイントが貯まり、年会費は、本人会員が1312円、家族会員は420円となります。
「家族カード」により家族全員でポイントを貯めることが可能です。

ゴールドカードの申し込み資格は25歳以上の方で、年収500万円以上で、年会費は、本人会員が10500円、家族会員は無料とされています。
もちろんポイントは永久不滅です。

ゴールドカードをお持ちになると、最大5000万円までの国内及び海外旅行傷害保険が付き、年間300万円までのショッピング補償があります。
また、「オンライン・プロテクション」というサービスでは、インターネットで不正使用に遭った場合に損害を補償してもらえます。

安心してネットショッピングを楽しむことができるでしょう。
そのほかにも、ゴールドカード会員ならではの充実したサービスを受けることが出来ます。
UCトランスルーセントMasterCardは、一般カードとゴールドカードの中間に位置するカードです。

年会費は、本人会員が1837円、家族会員は682円です。
最大1000万円までの国内旅行傷害保険、最大2000万円までの海外旅行傷害保険、さらに、年間100万円までのショッピング補償が付きます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:UCカード

このページの先頭へ