UCカード会員が海外旅行前に知っておくべきこと

UCカードは、日本国内でもさまざまなショッピングに役立てられますが、日本国内に限らず海外のあらゆる旅行シーンでも役立てられる便利なカードです。
国外で使う場合は、日本のように何かあったときすぐにサポートセンターへ問い合わせすることができるとはかぎりません。

そのため、会員者本人がUCカードの海外利用について、事前に万が一のことを想定し、利用方法を理解しておくことをお勧めします。
まずは、基本的なカードの使い方を確認しなおします。

クレジットカードに限らず、カード申込者本人でなければ使えないカードはたくさんあります。
本人確認のために用いられる手段の1つが、サインです。

UCカードの裏面に、ご自身のサインがきちんと書き込まれているかどうか、改めて確認しておきます。
サインがないカードは、原則使えないことになっています。
カードを発行したばかりであるなら、なおさら忘れずに確認し、記入しておきます。

カードを発行したばかりであればあまり心配要らないことですが、長年使っている場合は、有効期限に気をつけます。
海外旅行中に有効期限が切れてしまっては、使えなくなってしまうからです。
同時に、利用できる限度枠もチェックするのを忘れないようにしましょう。

有効期限内であっても、利用限度枠の金額を超えてしまうと、カードでの支払いができなくなります。
国外旅行などの理由により、利用限度枠を増枠する相談ができるので、あらかじめ相談窓口に連絡しておくとよいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:UCカード

このページの先頭へ