UCカードの中には海外旅行保険が付帯しているものもあります

クレジットカードを所持している者が海外旅行に行く際に気をつけなくてはならないことに、そのカードに付帯する旅行保険の内容があげられます。
国内大手クレジットカードであるUCカードには様々な種類がありますが、その内でも代表的なカードの海外旅行保険を比較すると、以下のようになります。

まず、最も基本的なカードであるUC一般カードについてですが、この一般カードはショッピング機能に特化したカードであり、旅行保険そのものが付帯していません。

そのため、海外旅行に行く際に持って行くには不安が残ります。
次に、UC一般カードに旅行保険やショッピング補償を付帯したカードであるUCセレクトですが、このカードの保険内容は以下の通りです。

海外旅行の場合は、偶発的な事故による死亡・後遺障害時の補償額は最大2000万円、障害治療費用の補償は最大150万円です。
旅行中の疾病治療費用も150万円まで補償となっています。

誤って他人や他人の物品を害した際にその損害を補償する賠償責任は最大2000万円、身の回り品の盗難や破損による損害を補償する携行品損害は1旅行につき最大20万円、入院時や遭難時の家族の渡航費用を補償する救援者費用等は最大100万円となっています。

これがUCゴールドカードになると、以下のようになります。
死亡・後遺障害は最大5000万円、障害治療費用と疾病治療費用は最大200万円、賠償責任が最大2000万円、携行品損害は1旅行で50万円、救援者費用等は最大200万円となっています。

やはりゴールドカードの補償額が他と比べて充実しているのがわかります。
海外旅行に行く機会の多いUCカード会員は、出来る限りUCゴールドカードを用意しておくのが得策と言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:UCカード

このページの先頭へ