UCカードの一般カードは、ショッピング用途がメインの方には十分使えるカードです

UCカードには様々な種類のものがありますが、最も基本的なカードが一般カードです。
これは、クレジットカードに付帯されていることが多い旅行保険が付帯されておらず、ショッピング機能のみに的を絞ったカードで、その分他のカードと比べて年会費も割安となっています。

その年会費については、カード会員本人は1312円、家族カードは420円と非常にリーズナブルです。
また、申込資格も満18歳以上(ただし高校生は不可)となっており、専業主婦や学生でも申し込みをすることが可能です。

通常、クレジットカードには利用金額に応じてポイントが付与されることが多くなっていますが、UC一般カードの場合は有効期限に定めのない永久不滅ポイントが、利用額1000円につき1ポイント付与されます。

この永久不滅ポイントは、貯めることによって様々なものに使用することが可能です。
例えば、永久不滅ポイントを200ポイント(900円相当)単位でショッピング利用額の支払いに充当することができます。

また、永久不滅ポイントをマイルや電子マネーなどの提携サービスに交換することも可能です。
さらに、種々のお得なアイテムやギフトに交換することも可能となっています。

その他、インターネットを通じてUCカードを不正に利用された場合にその損額を補償してくれるオンラインプロテクションというサービスも付いています。
このように、UCカードは一般カードランクでも、旅行保険がないものの通常のショッピング用途として使うには十分な機能が備わっています。

ショッピングにクレジットカードを利用することは多いものの、旅行保険は必要ないという方には、審査基準の低さや年会費の安さもあって、非常に所持しやすく使い勝手の良いカードとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:UCカード

このページの先頭へ