UCカードの年会費は種類によって異なり、1312円から10500円まで幅広くあります

UCカードにはたくさんの種類がありますが、その代表的なものの年会費を比較すると以下のようになります。
最も基本的なUC一般カードは、本人会員が1312円、家族会員が420円となっています。

会費は安いものの、一般カードはクレジットカードについていることが多い各種保険は利用することができなく、ショッピング機能しかついていません。
その意味で、一般カードはショッピングの際に使用して、ポイントを貯めるだけの目的の人に向いています。

UCカードセレクトの場合は、本人会員が1837円、家族会員が682円です。。
また、学生の方は在学中は無料となっており、このカードは一般カードに旅行保険とショッピング補償保険を付帯したものです。

一般カードよりも余分に会費がかかる分は、その保険料と考えることが妥当でしょう。
UCカードゴールドの年会費は、カード会員本人が10500円、家族会員は無料となっています。
セレクトと比べて一気に金額が跳ね上がります。

その分、旅行保険の補償金額の充実や、空港ラウンジの無料利用、レストランの優待利用、海外サポートデスクなどのサービスが非常に充実しています。
このゴールドカードは高い会費を払ってでも、旅行時の手厚いサポートや、外食時の優待サービスを受けたい方に向いていると言えるでしょう。

年会費は、クレジットカードを申し込む際には決して無視できない要素です。
その金額の大小と、サービスの違いを理解したうえで、どのカードを申込みするべきかを検討してみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:UCカード

このページの先頭へ