みずほが提案する法人向けUCカード、コーポレートカードが社内合理化をお手伝い

みずほ銀行は、一般や個人向けに対して、豊かな生活へと導くサービスを提供していますが、事業主や法人に対しても、さまざまなサービスを提供しています。
UCカードとして発行される法人向けのコーポレートカードも、みずほが法人向けに提案するサービスの一つです。

UCコーポレートカードの狙いは、企業や会社を健全に経営していく上で避けられない、それでいて、今まで管理が難しかった経理や支出管理といった部分を合理化することができるようになります。

決済は現金でのやりとりがないので、支払い関連も効率化させることができるようになるため、細かい書類作成を排除することも可能です。
具体的には、仮払いや立て替えの再計算が不要になるので、社員も手間が省け、企業も経理事務がスムーズになります。

カードの利用履歴を提供してもらえる上、企業や会社を通して履歴チェックを行うことができるので、リアルタイムでの状況把握にも役立てられます。

個々人が持つクレジットカードを把握することは、企業であっても行うことができませんが、企業側が管理できる法人向けのクレジットカードを導入することで、企業全体の金銭的な動きを常に把握することができ、経費の透明度が上がります。

管理体制は、企業全体のほか、部署や支店ごとに分けることも可能です。
他にも企業向けに考えられたキャッシングサービスがあり、法人向けならではのサービスが整っているこのカードを導入する価値は大いにあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:UCカード

このページの先頭へ