UCギフトカード取扱店はクオカードの○○倍!

ギフト券と聞いて「使いづらい」と感じる方は多いのではないでしょうか。
贈答品として百貨店が発行し、その百貨店でしか使えないというイメージが根強くあるからでしょう。
では、クオカードはどのようなイメージですか?

日常生活で身近なコンビニやスーパーなどで使えて便利なイメージが湧いてきませんか?クオカードよりも敷居が高く使い勝手が悪いというのが、ギフト券のパブリックイメージとなっていますが、クレジットカード会社であるUCカードが発行するUCギフトカードは、全国60万店以上の取扱店があります。

全国約5万店で利用可能と言われているクオカードに比べると、10倍以上の店舗で利用できることになります。UCギフトカードを利用できるコンビニは2社ですが、大手全国チェーンスーパーの15店以上で利用できることや、大手ホームセンター、家電量販店もUCギフトカード取扱店となっているため、より生活に密着したギフト券と言えるでしょう。

また、御祝や御礼を郵送することが失礼にあたると思われている方も少なくないようです。
確かに「タイミング良く届くだろうか」「現金書留では味気がない」など、金額では伝わらない気持ちを手渡しせずに届けることは難しいのかもしれません。

しかし、UCギフトカードならば、お届け日の指定はもちろん、「のし」や「桐箱」の指定もできます。受け取り主に「自由に使い道を選んでいただきたい」ギフト券だからこそ届けられる気持ちでもあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:UCカード

このページの先頭へ