利用明細で不正利用を防止、UCカードでワンランク上の対策を!

「スキミング」という犯罪をご存知ですか?
クレジットカードやIDカードなどの磁気ストライプから情報を抜き出して、全く同じ情報を持つカードを複製する犯罪のことです。

近年のカード犯罪は、このスキミングが多くの割合を占めており、スキミングはカード本体が本人の手元にあるため、利用明細が届くまで不正利用に気付きにくいという特徴があります。

未然に防ぐのが難しく、「早期発見、早期対応が重要」と言われるスキミング犯罪では、利用状況を常々確認することが有効な対策です。
UCカードでは、インターネットサービス 「アットユーネット」を利用すると、24時間いつでもWEB上で利用明細を確認することができます。

アットユーネットには他にも、不正防止機能として「本人認証サービス」があり、クレジットカード情報に加えて、アットユーネットのパスワードを入力することで本人認証を行うサービスがあります。

第三者が本人登録のアットユーネットパスワードを知らない限りカードを使用することはできないため、クレジットカード情報の盗用による不正利用を未然に防止することができます。また、郵送の請求明細書を停止して、アットユーネットの「ご利用明細照会」画面で確認できる「Web明細」機能の利用もお勧めです。

「Web明細」はシュレッダーいらずなので、ごみ袋からの個人情報盗難の心配もせずに済みます。UCカードのアットユーネットを利用して、スキミング対策もちろん、個人でできるワンランク上のカード犯罪対策を実現しませんか?

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:UCカード

このページの先頭へ