クレディセゾン永久不滅ポイントカードにはUCもあります

クレジットカードポイントシステムに永久不滅ポイントというものがありますが、永久に不滅とは魅力的な響きです。
その名の通り有効期間が無制限で、時間に気兼ねなくずっと貯め続けてから欲しいアイテムに交換出来るところが人気があります。

この永久不滅ポイントは、クレジットカード会社であるクレディセゾンのセゾンカードとUCカード両方で付与の対象設定になっているものが多数ありますが、例え同一名義であっても、双方のカードのポイント数を合算することが出来ないのが惜しいところです。

永久不滅ポイントや提携先によって独自のサービスがあるクレジットカードなどといった共通点の他、両カードの特徴や相違点を挙げてみましょう。
まずセゾンカードは、こちらは圧倒的に百貨店やショッピングセンター、モール等との提携発行が多いカードで、「西武カード」を1989年に名称変更したものです。

それに対して、銀行系カードグループと言われるUCカードは、かつてユニオンクレジットカードと呼ばれたもので、現在クレディセゾンは株主会社のひとつとなり、カード会員事業部門を協力、推進しています。身近なサービスを見てみると、インターネットサービスはセゾンがNetアンサー、UCはアットユーネットとなっています。

それぞれのホームページには互いのウェブサイトへリンク出来るバナーが設定されていますが、直接会って相談対応などをしてもらえるサービスカウンターはセゾンカードにしかありません。クレジットの締め日、引き落とし(支払)日、支払回数などの設定などもそれぞれ異なっていますので、使いやすいカードを選びましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:UCカード

このページの先頭へ