額面以上の買い物が鉄則です。UCギフトカードとおつりの関係

一口に商品券と言ってもその種類は様々で、商品券の中にはギフト券と呼ばれるものがあります。
どちらを使うかは個人の裁量によるところですが、どちらを使うにしてもやはり取扱加盟店の豊富な商品券が望ましいのではないでしょうか。

ところで、商品券とギフト券の違いをご存知ですか。
これはおつりがでるかでないかで分類されます。
つり銭が出る商品券とは、具体的にはデパートの商品券や全国百貨店共通商品券、流通系の商品券などを指し、某グルメカードなどもつり銭がでる商品券です。

では、ギフト券と記されているものを使うとおつりは出るのでしょうか。
代表的なものではUCギフトカードが挙げられ、この場合にはおつりはでませんが、取扱い加盟店が豊富であるというメリットがあります。

せっかく商品券を利用しようとしても、取扱い加盟店が少ないとなかなか使うチャンスがありません。
ちなみに、図書カードやお米券などもつり銭がでませんのでギフト券となります。
ギフト券を使用するときの注意点としては、額面以上の買い物をすると良いでしょう。

また、UCギフトカードは地球にも優しいという特徴があり、グリーン家電と言われる物の購入やエコを意識したリフォーム、エコ住宅の新築で獲得したポイントをUCギフトカードに交換でき、1回につき3000円分以上から、最大で100000円分のポイントとの交換が可能です。

加盟店が豊富なので、新築予定の方やリフォームを思案中の方はこの機会に是非検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:UCカード

このページの先頭へ