JR東日本を利用するのならばビューカードが便利

JR東日本を利用しているのであれば、ビューカードはとても便利です。
ビューカードの特徴はSuicaを付帯することができるということです。
デメリットとしては、年会費がかかってしまいますが、それを支払う価値はあり、例えば、いちいち券売機等でチャージをしなくていいということです。

改札を通る際に残金が一定の金額を切っていると自動的にチャージがされるのです。
そのため、改札を出る際に残金不足の心配もありません。
おまけに、ただチャージされるだけでなく、クレジットカードのポイントも貯まるのです。

つまり、電車を利用したりコンビニで買い物をする際に、それで支払うだけで自然とポイントが貯まっていきます。
このオートチャージ分のポイントだけでも、よくSuicaを利用するのであれば十分に年会費のもとはとれます。

貯まったポイントはルミネの商品券やJR東日本の旅行券と交換することができます。
JR東日本が主体となっているカードのため、他の会社でギフトカードに交換するよりも、ポイントの還元率も高いため、とてもお得に利用ができます。

また、カードの種類によってはルミネでのお買い物が常に割引になるサービスもあり、ファッションアイテムや食料品などの買い物を会社帰りにする人などは、さらに価値があるカードになります。

年に何度かはさらに割引率が高くなるキャンペーン期間もあるため、そういった時期を利用すれば、さらに賢くカードを利用することができるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ビューカード

このページの先頭へ