毎日の通勤で自動的に入金できる、便利なビューカードのオートチャージ

JR東日本のグループ会社のクレジットカードを申し込むとSuica利用が格段にお得になるのをご存知でしょうか。
お得になるサービスはたくさんありますが、その中でもオートチャージについて紹介します。

オートチャージとは、あらかじめICカードタイプのSuicaやSuica機能付きビューカード、モバイルSuicaで事前に設定をしておくと、改札の入場時に自動改札機にSuicaをかざすと設定した残額に足りない場合、自動的に入金してくれるサービスです。

改札で止められることもなく、利用料は無料。ビューカードのビューサンクスポイントは付与されるし、JR以外の首都圏の私鉄・地下鉄でも利用できる使い勝手の良いと好評です。
申し込み設定は、Suicaの形状によって異なります。
カードタイプのSuicaは、駅のATM・ビューアルッテでの事前設定が必要です。

普通のICタイプのSuicaは、まずビューカードとチャージしたいSuicaのリンク設定をした後、さらにオートチャージの設定をする手順になっています。
自動で入金するシステムは、使いすぎてしまったり、チャージしたくない時にも入金されてしまったアクシデントも発生するリスクもあります。

この点については、ビューアルッテで、いつでも設定金額の変更やサービスの一時停止ができるので、普段から金銭の自己管理ができている方には問題なく便利に使えるでしょう。

モバイルSuicaに関しては、携帯電話画面からの設定となります。
注意点があるとすれば、駅の入場時しかチャージされないことです。
これらの点を理解していれば、毎日電車通勤をしている人には券売機に並んでチャージする手間が省けるお勧めの便利サービスです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ビューカード

このページの先頭へ