ビューカードには国内・海外旅行傷害の保険が付いています

一般的にクレジットカードには、国内・海外旅行傷害保険というものが付いています。
これは、国内旅行もしくは海外旅行に行くことを目的として住居を出発してから旅行を終えて帰宅するまでの間に、偶発的な外的要因によって障害を負った場合に、その損害を補償してくれるというものです。

ビューカードにもこれらの補償が付帯しており、それぞれ以下のようになっています。
国内旅行傷害保険の場合には、切符や旅行商品をビューカードで購入した場合に補償が適用される「利用付帯」となっており、死亡・後遺障害の場合には補償金額は最大1000万円です。

旅行中の事故による入院時には1日あたり3000円が支給、通院の場合には1日あたり2000円が支給されます。

海外旅行傷害保険の場合には、カード会員ならば自動的に付帯される「自動付帯」となっており、海外旅行中(自宅を出発してから帰宅まで)の事故等による死亡・後遺障害に対しては、最大500万円が補償され、また、死亡・後遺障害に至らなかった場合には、障害治療費用としては50万円、疾病治療費用としても50万円が支給されます。

ただし、補償の期間は海外旅行に出かけてから最長90日間となっているので、ビジネスや留学での長期滞在には適さないので注意が必要です。

また、ビューカードは国内、特に首都圏を基盤とする旅客鉄道会社が親会社となっている関係で、死亡・後遺障害時の際の補償内容は海外旅行時よりも国内旅行時の方が手厚い内容となっているのがひとつの特徴となっており、その点も注意が必要なのです。
利用時にはあらかじめ内容を確認しておくと良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ビューカード

このページの先頭へ