Suicaも定期券もクレジットカードもこれ1枚で便利なビュースイカカード

お財布にクレジットカード、パスケースに定期券、カードが何枚もあって不便を感じていませんか。
そのような方でJR東日本を利用して通勤通学をしているのでしたら、ビュースイカカードがお勧めです。

このカードは、JR東日本のグループ会社のカード会社が発行するビューカードの1つで、その中でも最も定番なカードとして多くのユーザーに利用されています。
ビュースイカカードの最大のメリットは、なんといっても1枚のカードで、Suica、定期券、クレジットカードの3役の機能を兼ね備え、カードを何枚も持つ必要がなくなることです。

さらに、自動改札機にタッチして入場することでSuicaへ自動的にチャージされるオートチャージ機能が利用出来ます。
これは、駅のATMやビューアルッテで設定して利用します。
ビューカード以外のSuicaへのオートチャージ設定も可能ですから、残高不足を心配せずに改札を通れます。

また、クレジットカードとビューカードのポイントであるビューサンクスポイントは、千円につき2ポイント付くのですが、Suicaのチャージや定期券、回数券、切符の購入は3倍となり、千円につき6ポイント貯まります。
これは、15円相当の高還元率です。

しかも、貯めたポイントは商品の交換だけでなく、Suicaへチャージすることも出来ます。
その他には、東日本大震災の復興支援やユニセフへの寄付などの社会貢献に利用できるコースもあります。

さらに、ビュースイカカード会員には、他のビューカードにはない年間の利用額累計に応じてボーナスポイントが付与される特典が用意されています。
年会費が500円かかるデメリットもありますが、上手に利用すれば十分元が取れるため、JR東日本の利用者にはぴったりのカードです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ビューカード

このページの先頭へ