JR東日本の優待サービスが付いたビューカードの魅力

東日本旅客鉄道株式会社は世界最大の鉄道業者で、2010年までクレジットカードを発行していたため貸金業登録をしていますが、現在はJR東日本の子会社が「ビューカード」を発行しています。そのカード数は16種類あり、ショッピング機能とJR東日本の優待サービスなどが付いています。

なかでも「ビュー・スイカ」カードは、Suicaと定期券、クレジット機能が加わり、JRや私鉄、地下鉄、バス、ETCでも利用できるほか、ショッピングもOKです。
オートチャージ機能が付いているので、残高が1,000円未満になると3,000円が自動的にチャージされるので、残高不足により自動改札機で止められる心配がありません。

男性65歳以上、女性60歳以上に限定された「大人の休日倶楽部ジパングカード」は旅行好きの方にオススメで、切符が30パーセントオフになるなどの特典があります。
どのビューカードも、ホテルやスキー場、スポーツクラブのほか、駅でのレンタカー利用や引越サービスの特典もあるので魅力的です。

そして、カードの利用額によってポイントが貯まる「ビューサンクスポイント」は、商品と交換したりSuicaなどへチャージしたりすることも可能で、また、切符や定期券、Suicaのチャージではポイントが3倍になるので、とてもお得感があります。

他にも、電気やガスなどの公共料金や携帯電話料金の引き落としでもポイントが貯まり、インターネットを使って、新幹線や列車の空席照会や指定席予約が出来ることも便利な特徴の一つです。
自分のライフスタイルに合ったカードを見つけて賢く活用しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ビューカード

このページの先頭へ