WAONポイントと有効期限について

イオングループが発行する電子マネーをWAONと言います。
利用金額に応じてポイントが加算され、貯まったポイントはWAONに交換でき、再度買い物などに利用可能です。

ポイントの付与率は、利用金額200円ごとに1ポイントが付き、1ポイントを1円として100ポイントごとに100円分のWAONに交換できます。
ポイントの交換は、イオンの店頭や加盟店に設置された端末で行えますが、このポイントには有効期限があるので注意が必要です。

有効期限は1年間の加算期間を含め、最大で2年間となっています。
ポイントの加算期間は、初年度は初めてチャージをした日から1年後の月末で区切られ、その後は1年単位になります。

例えば、2007年10月25日に初めてチャージした場合、2007年10月25日から2008年10月31日がポイントの加算期間で、1年目のポイント有効期限は2009年10月31日になります。
2年目は加算期間が2008年11月1日から2009年10月31日となり、ポイントの有効期限は2010年10月31日となります。

期限が切れたポイントについては失効し、返却されないので注意しましょう。
失効するポイントや残高の確認方法はいくつかありますが、利用の際に発行されたレシートや、WAONネットステーションでリアルタイムで確認ができます。

せっかく貯めたポイントも、システムを把握していないことで失ってしまうのではカードの利用価値が下がってしまいますので、そうならない為にも、カード購入の際にもらえるスタートガイドなどで確認をして、有効的な使い方をしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:WAONカード

このページの先頭へ